那覇市泉崎の内科・消化器科「友寄クリニック」地域のかかりつけ医としてご相談下さい!

友寄クリニック

お問い合わせ

外科
  1. トップ
  2. 外科・肛門外科

外科  肛門外科

外科

外傷などの創傷処置(縫合)、脂肪腫や粉瘤(トーフヌカシー)、血管腫などの皮下腫瘍摘出手術、陥入爪、ガングリオン、膿瘍、熱傷などの治療を行なっています。


鼠経ヘルニア手術

当院では、創部切開4cm程度で1-2日程度の入院での鼠経ヘルニア根治術クーゲル法を採用しております。


鼠径ヘルニアとは


鼠径ヘルニア(脱腸)とは、足の付け根の辺り(鼠径部)で筋膜が薄くなっている部分から、腸などの内臓が腹腔外に飛び出してしまった状態です。患者さんの約9割が男性で、50歳代以上の方が特に多いといわれています。
男性には、鼠径管と呼ばれる通路が存在します。鼠径管は、本来内臓である睾丸を胎児期に体外に出すために使われる管ですが、加齢などによって筋膜が弱ると鼠径管が開きやすくなってしまいます。
鼠径ヘルニアの多くはこの鼠径管に腸が入り込むことで起こります。
なお、太腿にある大腿管と呼ばれる大血管と神経の通り道から腸が飛び出す大腿ヘルニアも鼠径ヘルニアの一種です。大腿ヘルニアは女性でも、加齢や出産などで筋肉や筋膜が緩んだり、重たい物を持つなど腹圧がかかるような状態が続いたときに起こり得るヘルニアです。
また、小さな子供でも鼠径ヘルニアにかかることがありますが、子供の場合は、先天的に(生まれた時から)筋肉の一部が薄くなってしまっていることが原因であり、成人の鼠径ヘルニアとは、原因も治療も異なります。

今回は成人の鼠径ヘルニアのみを解説します。

症状

鼠径部という、太ももの内側の部分が膨らみます。膨らんだ部分の中身は、大部分が腸です。初期はおなかに力を入れた時に膨らんで指で膨らみを押すと引っ込むことが多いのですが、放置すると、腸が周囲の筋肉で締め付けられて押しても戻らない「嵌頓(かんとん)状態」になることがあります。
鼠径部に重苦しい感じがする、痛みがあるなどの症状のほかに、大腸脱出の場合は便秘になる、膀胱脱出では排尿障害が起こるなど、どの部分が飛び出してしまうかで症状は異なります。
嵌頓状態になっている場合は、腸の血流が途絶えることから、痛み、便秘、嘔吐など腸閉塞の症状が出ることもあります。嵌頓状態の場合は、壊死や敗血症を引き起こして緊急手術を要する場合もあります。


検査

基本的には、視診と触診で診断されます。鼠径ヘルニアと診断されたら、脱出している部分の状態を詳しく見るための超音波検査や下腹部CT検査を行うことがあります。


治療

鼠径ヘルニアの基本的な治療は手術です。
有効な薬や運動療法もなく、手術のみが治せる治療です。ヘルニアバンド(脱腸帯)を使用している方もいますが、これは鼠径ヘルニアを治すものではなく、外から押さえることで一時的に鼠径ヘルニアの症状を軽くする対症療法です。最近では、ヘルニアバンドは圧迫により皮膚障害や精巣(睾丸)萎縮を招くおそれがあるとされておりお勧め出来ません。


ヘルニアバンド

鼠径ヘルニアは良性の病気ではありますが、放置すると嵌頓して緊急手術が必要になることもあります。嵌頓は鼠径ヘルニア患者様全体の約5%程度に起こると考えられていますので、嵌頓する前に早めの手術治療を受けましょう。

腸などが脱出してしまう穴(筋肉の隙間)を、人工のメッシュ(網)などで内側からふさぐ手術をします。
手術を行うと、鼠径ヘルニアの症状はなくなります。見た目が元通りになり、腹部の違和感がなくなるだけでなく、鼠径ヘルニアの悪化した状態である嵌頓状態になることを予防できます。

手術方法 成人鼠経ヘルニアではメッシュを使用する術式が主流ですが、メッシュにも多くの種類が存在し術式も多岐に渡ります。
基本的にはどの方法でも術後の偶発症に大差はありません、医師個人が習熟した方法で行います。
当院では第一選択にクーゲル法を採用しております。


クーゲル法


形状維持リングに縁取られたポリプロピレン製の楕円形メッシュで筋膜の内側から腹膜のすぐ外側を広く覆い、鼠径部の弱い部分の全体を一度に補強して腸などが出てくるのを防ぎます。ポリプロピレンメッシュは50年程前から使用され、体内使用の安全性は確立されています。

特徴

1. 手術時間が短い(30-40分程度)

2. 従来法に比較して再発率が低い(10%の再発率が1%以下に低下)

3. 手術創は4cm程度

4. 患者さんの条件次第で日帰りも可能

5. 大腿ヘルニアにも対応

6. 神経損傷が少ない


開腹の前立腺、膀胱手術や鼠経ヘルニア手術のメッシュを使用した再発手術後の患者さんには術野の強い癒着が起こっているためクーゲル法は不向きであり、そういった患者さんにはメッシュプラグ法を施行します。 ポリプロピレン製のプラグを筋膜の弱い部分に入れて、ヘルニアの出口を塞ぐ方法です。



メリットは平易な手技で高齢者や重い併存疾患のある方には局所麻酔でも行えます。
術者は腹腔鏡手術も含めて500例以上の鼠経ヘルニアを手術してまいりました。


こういった症状があるかたは一度当院へご相談ください。

098-855-0852 友寄クリニック 外科 川上浩司

肛門外科

肛門の悩み

痔核(いぼ痔)のお話

痔の中で最も多い疾患です。
症状:排便時の出血、残便感、肛門から痔核が飛び出てくる感じ
原因:いきみの繰り返し、便秘、激しい下痢、重いものを持つなど肛門に負担がかかることで
   痔のうっ血、粘膜(クッション)のたるみがおこるため

イボ痔

痔核(いぼ痔)の分類

1度

痔核の出血はない 痛みは無く鮮血を出血することが多い→保存治療



2度

排便時に痔核は脱出するが自然に戻る→ 保存治療しかし繰り返す場合はジオン注(ALTA)の適応



3度

脱出して指で押し込まないと戻らない→ジオン注または手術療法



4度

指で押し込んでも戻らず 出たままの状態 粘液が滲みでて下着が汚れる→ジオン注または手術療法または併用



激しい痛みを伴う痔核

血栓性外痔核

肛門周囲に血栓(血の塊)が作られたもの皮膚が自壊(自然に破れて)出血することがある



嵌頓痔核

痔核内に血栓が多くでき、嵌頓状態(脱出して腫れ戻らなくなる)となったもの



いずれも痛みの強い時期は保存療法が一般的です


基本的な治療の流れ


痔核(いぼ痔)の治療法

治療:痔核の治療の基本は保存療法です。
保存治療を行なっても出血、脱出などがある場合に注射療法や手術が行われます

1.保存療法

消炎鎮痛剤 軟膏 坐薬 坐浴などでの治療

軟膏の使用方法

坐薬の使用方法

坐浴:ぬるま湯に腰までしっかり使って5~10分程度リラックスしましょう

坐浴を行うことで肛門がリラックスし痛み、
血流が改善され頻回に行うと効果テキメンです



2.4段階注射法(ALTA、ジオン療法)

図のように痔核上方 痔核 痔核下縁に 4段階で注入する方法 手術に比べ痔核の再発率がやや高いが大幅に痛みが少ない治療法 繰り返し注射可能で再発患者さんにも安全に施行可能

商品名:ジオン
一般名:ALTA



作用機序

どのようにして効くのか
ジオンの成分である硫酸アルミニウムカリウムは強い炎症を起こします これを痔に注入して痔組織に強い炎症を起こし“カンパチ”にして出血や脱出をなくす治療です またもう一つの主成分のタンニン酸は炎症の調整役として働いています。

これまで約300人に注入療法を施行して大きな偶発症はありません



3.手術療法(結紮切除法)

痔核に流れる血管を結紮し痔核を切り取る方法
ほとんどすべてに痔核に対応でき、
再発率も低いが術後やや痛みが強い全患者さんで腰椎麻酔(半身麻酔入院)が必要

※痔核のみならず 痔瘻(あなじ) 裂肛(きれじ)毛巣洞 膿皮症 などにも対応可能です。



手術金額(3割負担の場合)

診察料などは別です。
薬剤や処置の内容(病理検査が複数の場合など)により負担金額は変わります。

内痔核ジオン治療(入院料含む場合)

約30,000円

内痔核ジオン治療(日帰りの場合)

約20,000円


痔瘻のお話

男性に多い痔です。まず肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)ができてから痔瘻へと進んでいきます。

痔瘻ができるまで

歯状線のくぼみ(肛門陰窩〈こうもんいんか〉)から細菌が入り込むと、肛門腺が化膿し、その炎症が肛門周囲に広がって膿(うみ)がたまります(肛門周囲膿瘍)。これが自然に破れるか切開することにより、膿が排泄されます。そのまま治る場合もありますが、多くは膿の管(瘻管〈ろうかん〉)が残った状態となり、これを「痔瘻」といいます。

痔瘻

肛門陰窩から細菌が入り込む。

痔瘻

肛門周囲膿瘍
肛門腺の炎症が広がり、膿がたまってくる。

症状

肛門周囲膿瘍の場合、38~39℃の発熱、激しい痛み、腫(は)れがみられます。痔瘻は、膿が出て下着が汚れます。膿の出口(二次口)がふさがり、再び膿がたまると肛門周囲膿瘍と同様の症状になります。

肛門周囲膿瘍

痔瘻
膿の出口(二次口)から膿が排泄されるが、原発口まで通じる瘻管が残る。

これが肛門周囲膿瘍から痔瘻への発症過程です。
痔瘻になると腫脹 排膿を繰り返す方が多いのですが 中には 無症状の人もいます。
慢性の痔瘻はときに痔瘻癌を発症すると言われますが発症頻度は不明です。 


痔瘻(痔ろう)の治療

膿が溜まった肛門周囲膿瘍の症状が現れたら、一刻も早く皮膚を切開し、溜まった膿を出す「切開排膿」を行います。

肛門周囲の皮膚、あるいは直腸肛門内の粘膜に切開を加え、溜まった膿を外に排出し、十分に膿の出口を作った後、抗生物質や鎮痛剤を投与します。瘻管が残り痔瘻になった場合は、根治手術を行います。手術を必要とするのは、痔瘻の患者さんの約4割程度です。場合によっては、肛門周囲膿瘍の段階で痔瘻の根冶手術を行うこともあります。

手術療法

【切開開放術】

切開開放術

痔瘻は、痔瘻の入り口(原発口)と内括約筋と外括約筋の開にできる膿の元(原発巣) と、そこから枝のように出ている瘻管(膿の管)、膿の出口によって形成されています。切開開放手術では、この瘻管を切り開いて膿の入り口から出口まですべて切除します。そして下から肉を自然に盛り上げていきます。
しかし、この手術方法では、瘻管の走る位置や 深さによっては、括約筋が大きく傷つき、手術後痔瘻は治っても、肛門の締まりが悪く 肛門がいびつになってしまうことも、まれにあります。
瘻管を切開してそのまま縫合せずに開放する手術で、lay open法ともいいます。肛門後方部であれば、括約筋を切除しても肛門の機能には影響しません。再発がほとんど見られない手術です。

【括約筋温存手術】

括約筋温存手術

痔瘻のタイプによっては、「括約筋温存手術」を行います。この手術は、括約筋の損失を最小限にするために瘻管をくりぬいていき、膿の入り口や膿の元、出口部分だけを切除し、患部を取った傷口は、手術後溶けてしまう特殊な糸で縫うという方法です。
くりぬき法といって、瘻管だけをくりぬく方法で入院が必要となります。

括約筋温存手術は、括約筋への影響が少なく、手術後の肛門の機能障害も少なくてすむため、瘻管が深い位置を走るような複雑なタイプの痔震には効果的な手術方法です。また、瘻管が浅い位置であっても、肛門の側方や前方を走っている場合、切開開放手術では術後、肛門の変形が強く残るので、括約筋温存手術が行われます。
ただ、どうしても括約筋温存術式の場合、手術はしっかりとおこなわれても、便の通り道の手術であるため、傷口を縫った部分が開いてしまってしまい、治るのが100%ということはなく、いくらかは再発してしまいます。

その他の処置
【シートン法】

シートン法

瘻管の原発口から二次口へゴム糸を通して縛り、徐々に瘻管を切開して開放する方法です。肛門の変形が少なくてすみます。ゴム糸を通すのには外来で行う場合と入院が必要な場合とがありますが、いずれにせよ、ゴム糸の締め直し、入れ替えなど、治るまで長期の外来通院が必要となります。


裂肛(切れ痔)

女性に多い痔です。特に20~40歳代に好発します。

原因

硬い便の排泄や勢いよく出る下痢便などにより、肛門の皮膚が切れて生じます。

症状

出血は少量です。特徴的なのは排便と関連した痛みです。排便の際、ならびに排便後もしばらく続く痛みが起こります。慢性化すると潰瘍になり、肛門が狭くなってしまうことがあります。

分類

裂肛は、急性期と慢性期に分類されます。 詳しい治療法については次のページをご覧ください。


分類

主な症状

主な治療法

急性期

急性期

排便時に紙に着く程度の出血と痛みがみられる。排便後にもジーンとする痛みが続く。 保存療法

慢性期

慢性期

数ヶ月にわたる裂肛のため、深ぼれして潰瘍状になり、皮膚の突起物(見張りイボ)やポリープができたり、肛門狭窄が起きる。 場合によっては手術療法


裂肛(切れ痔)の治療

原因となる便秘や下痢を防ぎ、傷を治す保存療法が基本となります。肛門括約筋が炎症を起こして肛門が狭くなってしまった場合には手術を行います。手術を必要とするのは、裂肛の患者さんの1割程度です。

保存療法

食生活や排便習慣などのライフスタイルを改善して、痔の症状を悪化させないようにする「生活療法」が中心です。補助的に「薬物療法」も行います。

手術療法

【内括約筋側方皮下切開術】

保存的な治療を行っても、排便時の痛みがひどいときや、一度治っても再発を繰り返すことで、裂肛が肛門狭窄になった場合は、肛門部の狭くなった部分を切開する「内括約筋側方皮下切開術」を行います。
これは肛門の周りの皮膚から、粘膜の下へとメスを挿入していき、狭くなった内括約筋の一部を切開して、肛門を拡張し、病変部がある場合にはその病変部だけを取り除く手術方法です。現在では、これが主流となっています。局所麻酔を行いますが、1〜2分程度の時間ですみ、外来でできる比較的簡単な手術方法です。この手術で肛門が広がり、切れにくくなり、痛みもやわらぎます。

内括約筋側方皮下切開術

【用手肛門拡張手術】

肛門に指を挿入して、狭くなった肛門を広げる方法です。切開は行いません。

用手肛門拡張手術

【皮膚弁移動術】

皮膚弁移動術


痔と生活習慣

生活習慣の改善は痔の治療の基本です。痔を予防、あるいは悪化させないために正しい生活習慣を身につけましょう。

★排便のポイント

便意を感じたときに排便するのが大切です。
排便時間は長くて3分以内、完全に出し切ろうと必要以上にいきまないようにしましょう。
排便後は肛門を清潔に保ちましょう。

排便と痔の関係

排便と痔の関係

★我慢しない

便を出したい気持ち、つまり便意とは便が直腸まで届き、直腸の壁にある圧受容体を圧迫し、それが脳に伝わり感じているものです。
便意を我慢すると、便を感じる圧受容体が鈍くなり、結果として便意を感じなくなってしまいます。 我慢は便秘をまねきます。

★便を出し切ろうとしない:長くて3分以内で

便意を感じてトイレへ行けば、直腸まで便が来ているため、最初の息みで、ほとんどの便は出てしまいます。残ったわずかな便を完全に出し切ろうとトイレに長居をするのは、肛門に大きな負担をかけてしまい痔の原因となります。
便を完全に出し切らなくても健康に影響はありません。
排便時間は長くて3分以内にしましょう。

★排便後は清潔に

肛門は便が出るときは広がり、そうでないときは閉じているため、結果として肛門周囲には細かい皺があります。したがって排便後、紙で拭くだけでは、十分きれいになりません。排便後は温水洗浄便座を利用し肛門を洗うなどして清潔に(ただし十分に乾燥を)しましょう。

★食事のポイント

食物繊維をしっかりとりましょう。また、下痢気味の方は消化のよい食事をとりましょう。
十分な水分を摂取することも大切です。
朝食をしっかりとり、アルコール類、香辛料を控えましょう。


食事と痔の関係

食事と痔の関係

★食物繊維をとる

食物繊維は腸内で水分を吸収して膨らみ、便の量を増やして軟らかくし、腸の蠕動(ぜんどう)運動を高めます。下痢気味の方は消化のよい食事をとりましょう。

★十分な水分を摂取する・朝食をしっかりとる

朝、朝食をとり空の胃の中に食べ物が入ると、眠っていた腸が動き出すという反射、胃結腸反射が生じます。
つまり眠っていた腸も、朝、食事をとることで活動を再開して夜のうちに溜まっていた便を直腸へと送り出してくれます。そして、その便が直腸を圧迫して便意を生ずるきっかけとなるのです。
冷たい水や牛乳だけでも同様の効果があります。

★アルコール類、香辛料を控える

アルコール、香辛料の取り過ぎは、肛門を刺激したり、うっ血をさせたりして、痔を悪化させます。


その他の生活習慣と痔の関係

その他の生活習慣と痔の関係

★適度な運動をする

腸の動きを活発にし、排便をスムーズにします。

★同じ姿勢は禁物

肛門がうっ血しやすくなります。

★毎日入浴する・カイロで温める

冷えは血行が悪くなるばかりでなく、下痢の原因にもなります。
痛みがある場合は、肛門に力を入れないようにして、おしりを温めると痛みが和らぎます。ただし、患部が熱をもっている場合は冷たいタオルなどで冷やしてください。


お陰様で
平成28年度より令和2年現在まで401症例の痔疾患手術を施行しました。

手術内訳は
・痔核に対するジオン硬化療法 痔核切除術 ジオン+痔核切除術
・痔瘻に対する肛門機能温存手術
・肛門狭窄に対する括約筋切開術
などです。

医院紹介

友寄クリニック

〒900-0021
沖縄県那覇市泉崎2-2-6
TEL:098-855-0852
FAX:098-855-0852
診療時間
午前:9時~13時
午後:14時~18時
定休日:日曜日・祝日
駐車場:有 詳しく見る